EPARK インターネット受付可能

湘南平塚下肢静脈瘤クリニックブログ

キービジュアル

秋好院長ブログ

当院はお盆休みもやっています。

当院はお盆休みもやっています。夏は新規の方が多いので、休み明けに殺到してかえって自分の首を締めるためです。

そのかわりに新規来院が一段落する9月中旬以降にまとまって休みをとります。

 

とはいえ休みなしでは体が持たないので、山の日などの祝日は暦通りに休みとしています。

 

山の日を利用して韓国に行ってきました。韓国は医療制度に特徴があり、学会などで触れて以前より関心を持っていました。特定の医療機関に症例を集中させることによって、医療の質を担保しているようです。人間の体には必ず例外があり、教科書通りであることの方が少ないのが現実です。外科医が簡単そうに手術しているのは決して当たり前のことではなく、それこそ何千何万という症例を直接的にあるいは間接的に経験して初めて可能なのです。そのためには特定の病院や医師へ症例を集中させるのが合理的です。一方で、症例を特定の医療機関に集中させるほど、患者にとってのアクセスは悪くなります。医療の質と患者にとってのイージーアクセスは本来は相反するのです。イージーアクセスを偏重するほど、症例が分散するので医師の経験値が低下して医療の質が低下します。

 

日本の医療システムはイージーアクセス偏重型です。予約もしないで専門医にふらっと会えるなんて海外では当たり前のことではありません。また、予約患者には診療時間が確保されている一方で診察費用は高額で、診察時間をオーバーすれば診療費用に加算されます。直前のキャンセルではキャンセル料が発生することすらもあります。海外においては専門医受診のハードルはそれだけ高いのが現実です。しかし、日本型医療システムのイージーアクセスが患者に安心感をもたらし、社会保障制度への信頼を生み出しているのも事実です。当院のような専門クリニックはそのギャップを埋めるために存在していると認識しています。今後もより良い医療をより身近にすべく努力したいと思います。

 

今回は韓国の医療システムの実情を探るために、あえてタクシーは使わずに地下鉄と自分の足で歩き回りました。へとへとになりましたが、どのような間隔で医療機関が配置されているのか、公共交通機関での通院の苦労はどうなのか、専門病院の規模など様々なことが実感としてよくわかりました。今後の運営に活かしたいと思いました。初めての韓国訪問が図らずも最悪の時期ではありましたが、日韓関係についても色々と考えるきっかけになりました。

やらなければ意味がない。

当院は今月で開院二周年を迎えました。

 

Vision without execution is just hallucination.

(実行できない・しない夢は妄想でしかない)

 

今の自動車社会の礎を築いたフォード・モーターズの創設者であるヘンリー・フォードの言葉です。

ヘンリー・フォードは自動車そのものを発明したわけではありませんが、多くの中流の人々が購入できる初の自動車を開発・生産しました。車と静脈瘤が関係あるわけではなくて、「多くの中流の人々が購入できる」ということがポイントです。

 

当院は「より良質な医療をより身近に」という目標を開院当初に掲げました。

それこそが日本の誇る皆保険制度の本質だと思うからです。

 

当院の考えるより良質な医療とは、

#傷や痛みの少ない手術、短時間の手術

#より簡便で体への負担の少ない麻酔

#通院回数の少ない治療

です。

 

当院の考えるより身近な治療とは、

#入院が必要ない外来手術

#一人で歩いて来て、歩いて帰れるので付き添いの要らないこと

#東京までいく必要のないこと

です。

 

これらの具体的な目標を立て、術前検査と術後外来を最適化していきました。

その結果として、二年間で1000例を超える手術を事故なく終える事ができました。

 

開院前は誰もが反対しました。そんなのニーズない、そんな病気知らない、来ても最初だけ、キャリアの終わりなどと散々言われました。銀行にも言われましたから。

ヘンリー・フォードが車を身近なものにして中流階級の生活を向上させたように、遠いから、入院するのが嫌だからということで治療を諦めていた人、そもそも治療ができることを知らなかった人に啓蒙も含めて手を差し伸べる事が出来たと考えます。

 

どんなに偉そうなことを語っていても実行できなければただの大風呂敷です。大変だったけれど、二年間で目標に向かって一歩近付いたと考えます。

 

3年目以降は

#外来や手術の待ち期間を短縮すること

#スタッフの負担を軽減して、持続可能な体制を作ること

を目標としたいと思います。

 

スタート時からの四人のスタッフは変わっていません。この二年間を共に戦ってくれたスタッフを本当に誇りに思います。彼女たちがいなければ、1000人を超える人達は治療を受ける事ができなかったはずです。本当に感謝です。

 

 

 

イチローの引退

イチロー選手が引退しました。

 

イチロー選手の会見で印象に残ったのは、野球が楽しくてプロ野球選手になったけどプロ野球でレギュラーになってから野球が楽しいことはなかった、ということです。色々な状況で打席や守備に立たされるのに、常にヒットを要求される、常にスーパープレーを要求される、そのために準備を怠らない毎日というのは決して楽しいことではないと思います。

 

先日、友人の外科医に「下肢静脈瘤ばかり毎日やって楽しいですか?」と聞かれました。

これ、イチロー選手と全く同じ答えです。私も全く楽しくありません、残念ながら。

 

何千例、何万例と同じ病気を診ていたら、誰だって飽きます。数カ月先にまで手術の予定が入っており、いつでも100%成功を期待されるのは楽しい毎日ではありません。

 

しかし、仕事や職業というのは楽しさにお金を払ってもらっているわけではありません。苦労や成果に対して報酬が支払われるのですから、そのための努力やプレッシャーは当たり前なのです。仕事に対して新鮮さや楽しさを求めているようでは、他人様に技術を売る職人としての水準にそもそも達していないと思います。

 

嫌になるほど同じ仕事をやって、どんな時でもベストの結果を出して、それでもさらに向上を目指す。そして、自分の感情をコントロールして、自分の技術を幅広く提供して世の中を良くする。そこまでやって初めて「プロフェッショナル」と呼ばれるんだと思います。その仕事が野球であるか手術であるかラーメンであるかは小さな違いですし、その舞台が大リーグであるか平塚であるかということは本当にどうでもいいことです。

 

今日はそんなことも思いながら8件のレーザー手術をしました。もちろん、全例成功です。

自分はまだ世の中の役に立てる、いつかイチロー選手みたいになんの後悔もない引退を迎えられるようにがんばろうと思いました。

思い出のとんかつ

医学部卒業後に慶応義塾大学病院で一年間の勤務を経た後に最初の派遣先が総合太田病院でした。今は改築移転して太田記念病院となっています。

 

平日は22時前に仕事が終わることなど極稀にしかなく、土日も仕事でした。また、連日のように緊急手術や急変などで緊急コールがありました。一年間を通して休んだのは一週間あるかないかで、当時はブラック企業やパワハラという言葉もなく、それが当たり前でした。また、スマホなどもなく、ネットも整備されていなかったし、緊急時に備えて病院から30分以上かかるところへの外出は禁止されていたので、市内での外食だけが楽しみでした。

 

もとからとんかつは好きだったのですが、三枚橋のとんかつ屋の親父さんは会心の一撃みたいなとんかつを揚げてくれると「どうだ、うまいだろ」と声を掛けてくれました。また、いつもにこにこしている女将さんはとても優しくて、凹んでいるときには励みになりました。一人で行ってお腹いっぱい食べるのが楽しみでした。

離任してからはなかなか行く機会もなく、親父さんが亡くなられて代替わりしたと風の噂で聞きました。いろいろととんかつを食べたけれど、あれ以上のとんかつはなかった。先日、思い立って太田市まではるばる運転しました。

 

確かに代替わりして息子さんが揚げていました。親父さんは亡くなられたわけではなく、入院したときにピンチヒッターで息子さんが守っていただけで今もお元気とのこと、親父さんと女将さんは二年前までは現役でやってらしたとのことでした。もっと早く伺えばよかったと悔やまれました。

 

親父さんのとんかつは僕の思い出のなかで美化された味ですが、息子さんのとんかつはそれに劣らないものでした。息子さんのひとひねりを加えているとのことでしたが、なんの違和感もなく、僕は貪り食いました。

 

最近はチェーンの飲食店が多くなり、どこに行ってもおなじような味で、同じようなサービスです。それはそれで安心できるのですが、そこに感動はありません。

他人様に感動を与えるのは並大抵のことではなく、良かれとおもったことが裏目に出て怒りを買ったりすることもあります。

利益を生み出すための単純な手段(job)と考えれば感動を生み出すための試行錯誤は非効率的なリスクでしかなくマニュアル化で排除すべきです。しかし、常に向上を要求される専門的な職業(profession)に試行錯誤は欠かせません。また、先人の進歩や発見を踏まえた改善を次代に繋げて初めて天職(vocation)と言えると思います。

 

とんかつ食っただけでなに語ってんだよ、と突っ込まれそうですが、最後に見送ってくれた息子さんの女将さんそっくりの優しい立ち姿で「小僧の神様」を読んだときのような気分になったので日記として残しました。

 

 

 

下肢静脈瘤と高齢化社会

下肢静脈瘤と高齢化社会について考えることが多くなりました。

私が下肢静脈瘤の治療に関わるようになった18年前には今ほどは高齢者の下肢静脈瘤手術は多くなかった印象です。

また、同じ平塚市でも平塚市民病院で勤務していた二年前にはこんなに多くはなかったです。

 

勝手に考察を加えてみました。

 

1.手術が楽になった。

まず、第一の原因はこれです。従来のストリッピングはどうしても30分程度はかかりました。慣れていない外科医がやると1時間はかかってしまうし、傷跡も大きい上に出血量も嵩み、合併症のリスクも高かったです。また、たいていの場合には入院でした。手術を決断するにあたって、リスク(危険)とベネフィット(利益)を必ず比較するのですが、リスクが高い分だけ手術は控えられていました。これに対して、現在のレーザー治療はリスクは極小といえます。傷跡も殆ど無いし、体の負担もほとんどありません。手術時・手術後の痛みもあまりありません。そのため、ハードルが極端に下がったといえます。

 

2.長生きする分だけ静脈瘤が重症化するようになった。

下肢静脈瘤は自然に良くなることはほとんどありません。率直に言って、弾性ストッキング(着圧ストッキング)を履いても大して良くなりません。下肢静脈瘤は手術によってしか治らないと言って過言ではありません。じゃあ、昔はなぜ手術しなかったのでしょうか?それは単純な問題で、重症化する前に寿命を迎えることが前提だったからです。昔の平均寿命は60-70代でした。1960年の平均寿命は男性65.32歳、女性70.19歳です。昔は手術のリスクも高かったし、身も蓋もない言い方をしてしまえば多少悪くなっても寿命が解決してくれるというのが、コンセンサスだったと言えます。ところが、今はみんなが普通に80代まで生きます。(2014年の平均寿命は男性80.50歳、女性86.50歳)しかも、日帰り手術なんて簡単に出来るぐらいに元気です。長生きが前提となった現在の日本社会では重症化してから慌てて手術するよりも、体力に余裕があって簡単に治せる早期の段階で手術をする方が合理的とさえいえます。

 

3.手術するのに入院が必要なくなった。インターネットで情報を得ることができるようになった。

1.と2.はおそらくは多くの静脈瘤専門医(=血管外科医)が実感していることだと思います。しかし、これでは当院が経験した平塚市での二年間の変化は説明できません。平塚市でたったの二年間で超急速な高齢化が進んだという事実もありません。単純に日帰り手術が可能になったということとネットの発達のためだと思います。患者さんと話していて痛感するのは入院を極端に嫌がる人がかなりいるということです。「病院イコール入院」という思い込みがあると、病院に行くこと自体を嫌がります。クリニックで診療していると、びっくりするような重症皮膚炎の下肢静脈瘤を持つ患者さんに出会います。よくよく聞いてみると、かなりの確率で「入院になるのが嫌だったから病院を受診しなかった」という答えが返ってきます。また、以前は病院にもクリニックにも行かないために医療情報を得ることができなかったと思うのですが、そのような人たちもインターネットで医療情報にアクセス出来るようになりました。

 

高齢化社会と下肢静脈瘤について考察を加えてみました。自分にとって衝撃的だったのは3.で述べた「入院するかもしれないぐらいなら病院に行かない」という人たちの存在でした。なぜならば病院側で問題になっていたのは夜間のコンビニ受診や救急車の不適切使用による医療資源の浪費であり、病院で経験してきたこととは全く逆の事象だったからです。そういう意味では静脈瘤専門クリニックを開設することによって、そのような人たちに手を差し伸べることができたことはとても良かったと思います。

 

一方で、これは一時的な社会保障費上昇を招きます。だって、今まで治療を受けなかった人(=医療費を使わなかった人)が医療費を使うようになるから。

しかし、同じ手術なら入院での全身麻酔手術より日帰りでの局所麻酔手術の方がはるかに安く済みます。また、入院手術そのものを駆逐することによって地域の病床数を削減し、病床維持の経費を無くすことによって長期的には医療費を確実に減少させることができます。現実に当院が開院することによって、近隣の病院での入院での静脈瘤手術は激減し、延べ入院日数(=入院医療費)はかなり節約できているはずです。欧米においてはもっと大きな手術(開腹手術、腹腔鏡手術、人工関節手術など)も日帰りや一泊入院となっており、将来的にはもっと短期化が進むはずです。現在の日本の社会保障費は逼迫しており、いつかは受診制限なども行われるかもしれません。それに対して、医療者側が出来ることは、医療をより効率化することによって、患者から受診や治療の機会を奪ったりすることなく、医療レベルをむしろアップさせながら、医療費削減を図ることなのかなと考えています。一時的な医療費上昇はその過渡期における必要経費・投資なのかなと勝手に思っています。

 

こんなことを書いてしまうと病院や保険組合や厚生局などから目の敵にされそうですが、誰もが充実した医療を受けられるという世界的にも稀有なこの体制を次の世代にも引き継ぐことが我々の世代の使命なのかもしれません。国際的には、皆保険制度を持つ先進国であってもその内容には多くの制限があり、日本のようにガイドライン通りの治療が公的保険で受けられるとは限りません。というより、こんなに恵まれているのは日本だけです。自分自身も外国で生活し、日本で外国人相手にも診療していますので、これは間違いありません。この体制を維持するために医療側は医療レベルの充実のための努力を怠ってはいけないし、行政側にはそのための応援や投資をお願いしたいところです。また、自分自身も含めて患者側は自分たちの権利だけでなく、自分たちの子供や孫の世代にこの体制を引き継ぐために何が出来るかということを考えなくてはならないと思います。

クリニック概要

医院名 湘南平塚下肢静脈瘤クリニック
診療科目 内科・血管外科
住所 〒254-0043
神奈川県平塚市紅谷町14-20 FT共同ビル3F
TEL JR東海道・湘南新宿線「平塚駅」北口・西口より
徒歩3分
電話 0463-74-6694
休診日 日曜日、祭日、土曜日午後
診療時間 日・祝
9:00~
12:00
13:00~
18:00

地図をクリックタップすると拡大縮小できます。