一般内科

キービジュアル

イメージ

当院は血管外科専門医によるクリニックですが、一般内科の治療も行っています。動脈硬化の予防と管理のためには生活習慣の改善など普段の健康管理が最も大事であると考えているためです。
当クリニックの一般内科では、せき、痰、鼻水、喉の痛み、発熱、腹痛、下痢、吐き気・嘔吐などの急性症状から、高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病をはじめとする慢性疾患まで、これまでの豊富な臨床経験を活かしながら、幅広く診療いたします。

何でもご相談ください

風邪をはじめとする「急な体調不良」など、はっきりとした症状が出ている時はもちろんのこと、「調子が悪いのだけれど、どこが悪いのか、何科にかかったら良いのかわからない」というような曖昧な場合も、また不定愁訴(病名のつかない原因不明の不調)や健康上の不安などについてもご相談に応じます。

地域の皆様の「かかりつけ医」です

イメージ

体の調子が悪い時に多くの人が最初に受診する「内科」は、適切な医療を受けるための“総合案内”としての役目も担っています。皆様の頼れる「かかりつけ医」を目指して丁寧で親身な診療を行い、地域のプライマリ・ケア(初期診療)をサポートしていきます。

※プライマリ・ケアの結果、専門的治療や入院加療、手術などが必要と判断された場合には、連携する高度医療機関や専門医へのご紹介を行います。

プライマリ・ケアについて

プライマリ・ケア(初期診療)とは、普段から身近にいて、何でも気さくに診てくれ、いつでも相談にのってくれる医師による医療のことです。患者さんを一人の人間として総合的に診療する医療であり、患者さんにとって医療の道先案内人とも言えます。

プライマリ・ケアにおける血管外科

これからの医療は、プライマリ・ケアを行う医師と大病院の専門医を中心に、すべての医療者が綿密に連携し合って、「患者優先」「人間重視」の見地に立ち、互いに協力し合うことが望まれています。超高齢化社会においては血管の病気を持つ患者さんが増加すると考えられています。血管外科の知識を持つプライマリ・ケア医の活動を通じて住民全体の血管を守る役割が求められています。

こんな症状はご相談ください(例)

  • 発熱
  • せき、痰、鼻水、喉の痛み
  • お腹の調子が悪い(腹痛、便秘・下痢など)
  • お腹が張る
  • 吐き気、嘔吐
  • 胸やけ
  • 食欲不振
  • 胸痛、胸部圧迫感
  • 頭痛
  • 立ちくらみ
  • 動悸
  • 息切れ
  • むくみ
  • 喉の異常な渇き
  • 尿の異常(出にくい、近い、血が混じるなど)
  • 発疹
  • 疲労感
  • 夏バテ
  • 急な体重の増減
  • 足が冷たい・だるい・重い

など

クリニック概要

医院名 湘南平塚下肢静脈瘤クリニック
診療科目 内科・血管外科
住所 〒254-0043
神奈川県平塚市紅谷町14-20 FT共同ビル3F
TEL JR東海道・湘南新宿線「平塚駅」北口・西口より
徒歩3分
電話 0463-74-6694
休診日 火曜日、土曜日午後、日曜日、祝日
診療時間 日・祝
9:00~
12:00
13:00~
17:30

※月・水・木・金の午前中は手術を中心とした診療を行っております。初診の方は午後のご来院をお勧めしております。

地図をクリックタップすると拡大縮小できます。