湘南平塚下肢静脈瘤クリニックブログ

キービジュアル

秋好院長ブログ

春の風物詩

平塚で春の風物詩といえばシラスです。2018年は3月11日に解禁になりました。

院長は子供の頃からシラスが大好きなので解禁日に買いに行きましたが、不漁で売っていませんでした。

その後は仕事が忙しくて行けなかったのですが、高校の同級生が湘南に遊びに来てくれた時に一緒に買いにいきました。

 

シラスには色々な食べ方があります。湘南では生シラスを食べることも出来ますが、一番のお勧めはできたての釜揚げしらすだと思います。

週末の朝に釜揚げしらすが出来る時間を狙って買いにでかけます。それぞれに贔屓の店がありますが、院長のお勧めは須賀漁港近くの砂浜の上にある店です。

ここでできたてのまだほんのり温かい釜揚げしらすを買って帰るわけです。自宅で炊きたての白米にたっぷりと乗っけて食べてもいいですし、豆腐に沢山載せて好みの薬味をぶっかけてしらす奴にしても美味しい。この時に醤油と一緒に少量のごま油をかけるのが好みです。そうすると香ばしさが加わりまたなんとも言えないのであります。

 

シラスを買いに行くついでに須賀漁港近くの魚屋で刺し身を買って帰るのもありです。そうすると昼から宴会コースです。朝から食べて呑んで昼寝して1日が終了するというなんとも幸せな1日となるのです。

 

予約のススメ

下肢静脈瘤で初診の際には予約をとってから来院することをお勧めしています。

 

下肢静脈瘤の外来では見て、触って、それから必要な検査を行っていきます。また、病気の説明も行いますし、手術を希望される方には手術の説明も行っています。

潰瘍などが出来ている患者さんには処置も行いますのでもっと時間がかかります。きちんと診察してお話をしたら軽く一時間はかかります。

 

このため、初診・再診に関わらず、予約の時点である程度の「交通整理」を行っています。時間がかかる患者さんと時間がかからない患者さんの診察予約を組み合わせてなるべく全体のバランスがとれるようにしているわけです。

 

予約の方法は以下の3つです。お好みの方法で構いません。

1.電話で予約。電話でお話を伺いながら予約を取れるので、不安がある方やお時間のある方はこちらがよいと思います。ただし、クリニックがオープンしている時間にしか予約出来ないのが欠点です。

2.インターネット予約。ネットから直接予約がとれます。24時間予約可能です。ネット予約には2系統(EPARKと非EPARK)あります。EPARKの方が直接に診察枠を予約出来るのでやや楽ですが、どちらでも構いません。ネット予約はとても楽なのですが、高齢の方は慣れなくて厳しいかもしれません。その場合にはご家族の方が代わりに予約をとってあげた方がいいと思います。

3.来院して受付で予約。対面コミュニケーションにこだわる方は来院して受付で予約も可能です。

 

一方で、当院は完全予約制にはしていません。急患や不安が強い方は直接来院して頂いて結構です。

ただし、午前中は手術に集中するために、明らかに医学的緊急性が高い場合を除いて、手術が優先です。また、医学的に緊急性が高くないと判断した場合は予約患者を優先しますので待ち時間が出来てしまうことをご了承ください。

4/5 休診

4月5日は臨時休診です。

 

診察予約等のお電話は4月6日以降でお願いします。

 

予約を早く取りたい方にはインターネット予約をお勧めしています。

トップページにリンクがございますので、ぜひご利用ください。

 

よろしくお願いします。

勉強会での講演

昨日はある勉強会で「下肢静脈瘤の最新の治療」ということで講演をしました。

当院の行っている治療、また、レーザー治療の未来と課題についてお話しました。

 

また、京都からいらっしゃった高名な循環器内科の先生の特別講演も拝聴しました。とても勉強になりました。伏見スタディという日本発の有意義な研究を率いている方なのですが、湘南・平塚でもそういう臨床研究が出来たらいいな、と思いました。

 

とても有意義な会でしたが、反省点も2つ。

1.演者にも関わらず、ネクタイとスーツを忘れてしまった。出勤後にはっと気づき、ありあわせのジャケットとチノパンツで出席しましたが、他の演者の方はびしっとしたスーツなのに、一人で真冬にクールビズという失態を犯してしまった。

2.会場を見渡したら、カジュアルな方も多く、一般の方も多いように勝手に勘違い。「私もノーネクタイですが、皆さんもカジュアルですよね?一般の方や患者さんも多いようですので、分かり易く、噛み砕いてお話したいと思います」と壇上で宣言してしまった。後で聞いたら、全員が先輩開業医だった。

 

保守的で年功序列が色濃く残る医療界で、地雷原をまっすぐに渡ってしまったような気分です。

 

そんな気分でしたが、終わった後に患者さんの相談やご自身の相談を幾つか受けました。医療従事者も含めて静脈瘤で悩んでいる人は多いこと、周りに相談出来る人がいなくて医療従事者自身が困っているんだな、ということを実感しました。明日からまた頑張って外来をやろうと思いました。

 

日本初の使用例

 

一般の人はこの写真をみても何がなんだかわからないと思います。

 

このぐるぐる巻いているのはレーザーファイバーで、これを血管の中にいれて血管を内側から焼き潰すのがレーザー治療です。

これは最新式のレーザーファイバーで現時点で日本の医療保険で認められているものでは最も細いものです。

太さはわずか1.1ミリ!点滴の針の中にも入ります。

細いということは傷跡も小さくなるし、術後の痛みも少なくなるということです。また、細さを利用して色々な活用法も考えられます。

 

本日、当院で導入されました。日本で初めての医療保険での正式使用例です。(海外からの個人輸入での使用例は除きます。)

 

患者さんからの評価が第一なのはもちろんですが、医療知識のない一般患者が医療技術を判断するのが困難なことも事実です。

医療技術、特に高度な手術、はやはり医療関係者でなければ評価はできないのが現実だと思います。

偶然によるものもあるとは思いますが、日本での初めての正式使用が許されるというのは大変に光栄なことです。

医療のプロである医療機器業者からの信頼がなければそのようなことはありえないことですから。

 

当院は「よりよい医療をより身近に」という目標を掲げ、地方都市でも日帰り手術という高度な医療を受けられるように努力してきました。これまでにやってきたことに対して同業者からも一定のご評価をいただけたのはとてもうれしいことでした。

 

 

クリニック概要

医院名 湘南平塚下肢静脈瘤クリニック
診療科目 内科・血管外科
住所 〒254-0043
神奈川県平塚市紅谷町14-20 FT共同ビル3F
TEL JR東海道・湘南新宿線「平塚駅」北口・西口より
徒歩3分
電話 0463-74-6694
休診日 日曜日、祭日、土曜日午後
診療時間 日・祝
9:00~
12:00
13:00~
18:00

地図をクリックタップすると拡大縮小できます。