湘南平塚下肢静脈瘤クリニックブログ

キービジュアル

秋好院長ブログ

静脈瘤は「治療不要」というのは本当なの? その1

刺激的なタイトルですが、重要な話です。

 

この半年間で小田原・湯河原・熱海方面から静脈瘤が重症化した人が数多く来院されました。重症のうっ滞性皮膚炎で足が真っ黒になった人や皮膚がえぐれて潰瘍になっている人たちが何人も来ました。一昔前までは平塚からもそのような患者さんは年にぽつぽつといましたが、最近は珍しくなっています。

 

いずれの患者さんも「かかりつけの先生に見てもらったときに治療不要と言われたからほっておいた」「同じように静脈瘤を持っている知り合いが治療不要とかかりつけの先生にいわれたから自分も大丈夫だと思った」と、過去に「治療不要」と言われたとおっしゃいます。

 

かかりつけの先生のおっしゃっていることは決して間違いではありません。ただし、それは「静脈瘤は決して自然には良くならない、じわじわと進行する、最後には皮膚炎や潰瘍となって痕が残る」ということを見落としています。皮膚炎や潰瘍になってから静脈瘤の治療をしてもなんとか治りますが、時間がかかる上に医療費はかかります。率直にいって、ほんとーーーーーーっに大変です。重症の下肢静脈瘤の治療を自分でなさったことのない方にはわからないと思います。

 

もう一つのファクターとしては過去の教科書にはそのように書いてあったからです。昔の静脈瘤の治療は全身麻酔・腰椎麻酔の手術で一週間入院はざらでした。傷も大きく、傷跡も残りました。メリットとデメリットを比べると、相当の重症でない限りはメリットがデメリットを上回りません。昔の教科書にはそのように書いてありました。しかし、レーザー治療の発達によって静脈瘤の治療は大きく変わりました。現在の静脈瘤治療は局所麻酔、日帰り手術、傷跡は針穴が当たり前です。我々のような静脈瘤専門家にとっては当たり前のことですし、海外の最新のガイドラインにはきちんと載っていますが、日本のほとんどのかかりつけ医は知らないはずです。残念ながら日本の一般的な教科書の多くはそこまでキチンとは書いてないのが現実です。

 

そうはいっても、かかりつけ医側にしてみれば、「治療不要」と伝えたのは10年以上前の話であって、状況が変わったのなら改めて相談に来るべきだという言い分になります。一方で患者側にしてみれば、「治療不要」と言ったのが悪いということになります。これは理解の乖離としか言いようがありませんが、どちらが悪いというわけではなく、人間同士のコミュニケーションの限界なのだと思います。

 

当院ではきちんとエコー等で検査をした上で手術の対象となる静脈瘤がその時点で存在するかを正確に判断します。また、現時点で治療対象となる静脈瘤がない場合には、そのまま帰すのではなく将来の見込みについても説明し、どのような症状が現れたら再受診をするべきかを説明します。遠方からいらしていて、周囲に専門クリニックがない状況の患者では、そこまでしないとのちのちに重症化させてしまうからです。

 

次回は、どの時点になったら下肢静脈瘤専門医(=血管外科医)を受診したほうがいいか、についてお話します。

6月11日休診

6月11日は月に一度のリフレッシュ休暇のために休診とさせていただきます。

 

働き方改革が論議されていますが、多くのクリニックは少数精鋭のためなかなか難しいのが現実です。

「他人の健康に責任を持つためには、まず自分の健康に配慮しなくてはいけない」という考えのもと、当院では開院当初より月に一度は連休をとって心身ともにリフレッシュすることを心がけています。また、医療従事者が積み重ねた経験や技術が継続的な労働を通じて世の中にきちんと還元されるためにも、医療従事者こそきちんと休むべきと考えています。

 

ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いします。

静脈瘤の血管を焼いても大丈夫なの? その3

今回は下肢にある太い静脈についてです。

 

下肢の静脈には皮膚表面に分布する表在静脈と筋肉の奥深くを走行する深部静脈に大きく分けられます。表在静脈は皮膚表面を走っていて、皮膚の色が薄い人は透けて見えます。これに対して深部静脈は筋肉の奥深くを走っているので表面からは触れないし、見ることも出来ません。さらに表在静脈と深部静脈は無数の細い血管で交通しています。平行に走る縦の太い線の間を無数の横線がはしるようなあみだくじのような構造を想像してもらえるとよいと思います。

 

さて、この表在静脈と深部静脈の太さにはどれくらいの差があるのでしょうか?かなり個人差はありますが、直径でいうと3倍から5倍はあります。面積でいうと9倍から25倍です。例えれば、表在静脈は1車線の道路、深部静脈は9車線から25車線の道路ということになります。

 

下肢静脈瘤は表在静脈に出来ます。静脈瘤が出来ている表在静脈を焼き潰したり、切除したら、そこを流れている血液はどうなってしまうの?どこを流れるの?というのが一般の方には不思議でならないようです。

 

これは簡単なことで、表在静脈を流れていた血液は表在静脈と深部静脈を交通させている細い静脈を通って深部静脈に流れ込みます。もともと細い血管を流れている血流量ですから大したことはありません。深部静脈で受け止めることは十分に可能です。

 

1車線の道路が渋滞して排ガス問題がひどいからとその道路を潰しても、近くに25車線の道路があれば地域全体としては交通は維持されます。それと同じことです。

 

下肢静脈瘤の術前には必ず超音波検査をします。これは深部静脈が開存していることを確認して、表在静脈を焼いても大丈夫なことを確認しているのです。

静脈瘤の血管を焼いても大丈夫なの? その2

静脈瘤の血管を焼いても大丈夫な理由の1つ目は、そもそも静脈弁が壊れている静脈はまともな機能を果たしていないからです。

 

下肢の血流は動脈で入って、静脈で出ていきます。動脈は後ろ側に心臓というポンプがついているので勢いよく血液が流れています。動脈は徐々に枝分かれして下肢のあちこちに血液を運び、徐々に細くなって毛細血管となります。毛細血管のレベルになると心臓で押された血液の勢いはかなり減少します。

 

毛細血管は下肢のあちこちで出された老廃物を集めて、徐々に集まって太くなって静脈になります。静脈には後ろ側に心臓というポンプはついていません。ではどうやって血液の勢いを得ているかと言うと、静脈の周りの足の筋肉が歩行などで伸び縮みすることをローラーポンプのように利用して血液を動かしているわけです。ただし、この勢いは非常に弱く、重力には簡単に負けてしまいます。それを補うために静脈の中には静脈弁という一方通行弁がついていて、心臓に向かってのみ流れるようになっています。下肢の静脈でいうと立った時に下から上にのみ流れるようになっています。

 

下肢静脈瘤ではこの一方通行弁が壊れてしまいます。そのため、立ち上がると血液が重力に引っ張られて一気に足に溜まるわけです。この時に溜まった血液が逃げ道を求めて皮膚表面の静脈に流れ込み、これを瘤状に拡張させることによって下肢静脈瘤が出来ます。

 

道路は信号や標識で交通整理がなされることによって初めて道路としての機能を果たします。信号や標識や通行方向を守らず、対向車線にまで車がはみ出すようでは、道路としての機能を果たしません。血管や血液の流れも同様です。一方通行弁やポンプの働きできちんとした方向に血液が流れることによって初めて機能を果たすのです。

 

機能を果たしていない道路、例えば慢性的に渋滞している道路や開かずの踏切のある道路など、は潰してしまい、そこに流れている交通量をきちんと流れる幹線道路に流したほうが交通渋滞や排気ガス問題は解決しますよね?下肢静脈瘤でも同じことです。血液が逆流している静脈はレーザーで潰してしまいます。そうすることによってまともに流れている太い静脈に血液を誘導するのです。

 

次回はまともに流れている太い静脈についてです。

GW期間中はお休みです。

当院はGW期間中は4/28から5/6まで長いお休みを頂きます。

経験豊富な少人数で行き届いた診療を行うために、働く時はしっかり働く、休む時はしっかり休むという方針で運営しています。

また、日本血管外科学会出席のために5/9も臨時休診となります。

ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い致します。

 

休診明けの予約を入れたい方は当院ホームページからのネット予約、特に直接に予約枠を取得出来るEparkからの予約、をお勧めしています。

ネット予約は休診期間中でも24時間予約可能です。

5/7は診療を行っていますので、ネット予約が苦手な方は電話での予約が可能です。

クリニック概要

医院名 湘南平塚下肢静脈瘤クリニック
診療科目 内科・血管外科
住所 〒254-0043
神奈川県平塚市紅谷町14-20 FT共同ビル3F
TEL JR東海道・湘南新宿線「平塚駅」北口・西口より
徒歩3分
電話 0463-74-6694
休診日 日曜日、祭日、土曜日午後
診療時間 日・祝
9:00~
12:00
13:00~
18:00

地図をクリックタップすると拡大縮小できます。